DesignSpark Mechanical Online Help
インポートおよびエクスポート
Send Feedback

DesignSpark Mechanical (.scdoc) またはその他の CAD で作成したデザインファイルを開くには、[開く] コマンドを使用します。パーツ、アセンブリ、図面シート、3D マークアップを別のアプリケーションで読み取ることのできるフォーマットにエクスポートするには、[名前を付けて保存] コマンドを使用します。購入されたライセンスによってサポートされるフォーマットが異なります。

頻繁に DesignSpark Mechanical 以外のファイルで作業する場合は、ファイルオプションを設定し、必要に応じてインポートとエクスポートの処理を最適化することをお勧めします。

エッジ、面、およびボディのオブジェクト ID は、SCDOC ファイルに保存されます。オブジェクト ID は、他のファイルが開かれるか DesignSpark Mechanical に挿入されたときに保存され、ID はエクスポートすることもできます。たとえば、デザインを分析会社にエクスポートして、分析会社によりジオメトリに読み込み位置、境界条件などのタグが付けられ、その後にそのデザインをインポートし、変更を加えて、再度分析会社にエクスポートした場合、分析会社はその新しいデザインにタグを再作成する必要はありません。

ファイルをインポートしようとして失敗した場合、その理由が DesignSpark Mechanical ウィンドウの右下のステータスログに表示されます。

ファイルタイプ

開く、または挿入

名前を付けて保存

ECAD IDF

ファイル (バージョン IDF 3.0 および IDF 4.0)

.idf、emn、.idb

サポートされていません

画像ファイル
「画像の挿入」を参照

ファイル (挿入のみ)

.bmp、.gif、.jpg、.png、.tif

パーツ、アセンブリ、図面シート、3D マークアップスライド (2D スナップショットとしてエクスポート)

.bmp、.gif、.jpg、.png、.tif

ポイントカーブテキスト

カーブ (挿入のみ)

.txt

サポートされていません

Show詳細情報

  • ディフォルトではスプラインカーブが作成されます。また、オプション Polyline=False を使用する場合も同様です。オプション Polyline=True を使用すると、点間は直線セグメントで結合されます。

  • ディフォルトでは、2D カーブが作成されます。2D カーブを指定するとき、データ点の最初の列には、いずれかのカーブのプレーンの高さを整数で指定します。新しいカーブの始点を指定するには、この高さを次の行に変更します。オプション 3D=True を使用すると、カーブを 3D にすることができます。

  • 複数のカーブを指定する場合は、カーブ間を空行で区切ります。

  • シングルポイントカーブを含むポイントカーブテキストファイルをインポートできます。これらのカーブは点として作成されます。

  • DesignSpark Mechanical で開かれたか挿入されたポイントカーブテキストファイルは、ファイルに繰り返し値がある場合には閉じたカーブを表示します。

  • カーブは、インポートされる他のオブジェクトと同様に、座標系または他のジオメトリにインポートできます。

  • コンマで区切られた列のあるポイントカーブテキストファイルを、DesignSpark Mechanical で開いたり挿入したりできます。この機能により、任意のコンマ区切り値を DesignSpark Mechanical にインポートできます。

  • 入力テキストファイルの読み取りエラーが発生すると、メッセージが表示されます。メッセージでは、かっこ内にエラー発生行の行番号が表示され、その後にその行のテキストが表示されます。

  • ポイントカーブテキストファイルの内容の例を左側に、そのファイルによって作成される 3D カーブを右側に示します。

    3d=true

    polyline=false

    1 0 0

    1 0 1

    1 1 0

    1 1 1

    2 0 1

    2 1 0

    3 0 0

    3 0 1

    3 1 0

    このファイルには polyline=false オプションが指定されているため、スプラインカーブが作成されます。このオプションが polyline=true の場合、直線が作成されます。

    このファイルでは 3d=true オプションが指定されているため、3D カーブが作成されます。ファイルにこのオプションがない場合、あるいは 3d=false が指定されている場合、カーブは 2D になります。

    最初の座標セットの後に空行があるため、次の座標セットが新しいカーブであることがわかります。

    上記のファイルの内容をコピーし、テキストファイルに貼り付けて保存した後、 [ファイルから挿入] を使用してこのファイルを試してみてください。

SketchUp

パーツ、アセンブリ (SketchUp 8 まで)

.skp

パーツ、アセンブリ (SketchUp V3.0 〜 V8.0)

.skp

STEP

パーツ、アセンブリ (バージョン AP203、AP214 [ジオメトリ])

.stp、.step

パーツ、アセンブリ (バージョン AP302、AP214 [ジオメトリ])

.stp、.step

Show詳細情報

  • あるファイルの STEP アセンブリをインポートするとき、内部コンポーネントごとにファイルを作成してアセンブリを複数のファイルに分割する代わりに、1 つのファイルにまとめておくには、[アセンブリ 読込み時に複数のドキュメントを作成] DesignSpark Mechanical ファイルオプションを選択します。

STL

パーツ、アセンブリ (ファセットまたはソリッド)

.stl

パーツ、アセンブリ

.stl

Show詳細情報

  • STL ファイルをエクスポートする場合、出力はディフォルトで [バイナリ] に設定されます。

  • ポリフェースメッシュを含む STL ファイルをライトウエイトオブジェクトとしてインポートできます。ポリフェースメッシュはソリッドとしてインポートされます。

  • STL ファイル形式で保存する場合、そのクオリティはグラフィッククオリティ設定に基づくものとなります。フォルム、組み立て、および機能の目的で、デザインを SLA ラピッドプロトタイプとして利用する場合は、最高のグラフィッククオリティを有効にするオプションの設定をお勧めします。

  • 1 つの平面にマージ可能な複数の平面領域を含む STL ファイルは、ソリッドとしてインポートできます。

  • STL ファイルはメッシュオブジェクトとしてインポートできます。また、別の STL ファイルとしてエクスポートすることもできます。これにより、複数の STL ファイルをドキュメントにインポートしてから、全てのファイルを 1 つの STL ファイルとしてエクスポートすることができます。

Wavefront

サポートされていません

パーツ、アセンブリ

.obj

Show詳細情報

  • OBJ ファイルとして保存したストラクチャーは保持されません。

  • デザインを OBJ ファイルとして保存する場合、正確を期すために現在のグラフィックテッセレーションを使用します。オプション設定パネルの [レンダリングクオリティ] を設定して、テッセレーションを変更することができます。

デザインをインポートするには

  1. DesignSpark Mechanical ボタンから [開く] を選択するか、クイックアクセスツールバーで をクリックします。または、[デザイン] タブの [挿入] リボングループで [挿入] ツールをクリックします。

    選択したファイルタイプにより、追加要素が [開く] ウィンドウに表示されます。これらのオプションの説明を参照する、またはディフォルト値を設定するには、[オプション] をクリックします。

  2. ファイルを開くかインポートした後でジオメトリチェックを実行する場合は、[ジオメトリをチェック] を選択します。ジオメトリのチェックを参照してください。

  3. 開くファイルまたは挿入するファイルを選択します。

    ファイルを開くと、新しい [デザイン] ウィンドウに表示されます。ファイルを挿入すると、アクティブなデザイン内に外部コンポーネントとして表示されます。

    開くファイルまたは挿入するファイルのパスに無効な文字が含まれている場合、エラーを回避するためその文字は有効な文字に置き換えられます。

    コンポーネントが不足している Inventor、Pro/ENGINEER、Unigraphics ファイルを開くと、不足ファイルの手動選択を求めるメッセージが表示されます。

    実行中のインポートをキャンセルするには、ステータスバーの [停止] をクリックします。

    インポートが正常に終了すると、インポートされたファイルの名前がステータスログに表示されます。

ドラッグとドロップでデザインをインポートするには

ファイルアイコンを、タイトルバーおよびリボン領域の任意の場所にドラッグします。[デザイン] タブが開かれていない場合、アイコンを [デザイン] ウィンドウにドラッグすることもできます。

この操作により、デザインとデザインに含まれる全ての図面シート、アノテーションなどが開きます。

特定のアプリケーションからデータをカットし、貼り付けることもできます。「他のアプリケーションからのコピー、貼り付け」を参照してください。

3D マークアップをエクスポートするには

  1. DesignSpark Mechanical ボタンから [名前を付けて保存] を選択します。

    F12 キーまたは Ctrl キーと Shift キーを押しながら S キーを押して保存することもできます。

    デザインを別のフォーマットにエクスポートするには、DesignSpark Mechanical ドキュメントとして保存しておく必要があります。

  2. [タイプを指定して保存] ドロップダウンからファイルタイプを選択します。

  3. 選択したファイルタイプに応じて、追加オプションが [名前を付けて保存] ウィンドウに表示されます。

    • コピーの保存: デザインが参照する外部コンポーネントのコピーを新しい名前で保存するか、外部コンポーネントを他の外部コンポーネントに置き換えることができます。この操作を行うには、[リソース] をクリックする必要があります。

    • 参照: ファイルが参照する全ての外部コンポーネントが表示されます。外部コンポーネントを 1 つ以上選択し、[参照] をクリックすると、コンポーネントの名前を変更するか、他のコンポーネントに置き換えることができます。

    • 単位の上書き: 複数のファイルタイプをエクスポートする場合に表示されます。リストから単位を選択します。

    • オプション: 選択したファイルタイプのディフォルトのエクスポートオプションを設定できます。

    • エクスポート時にデータを改善: データのエクスポート時に、インプリントされたエッジと分割されたカーブを削除します。

    隠線はディフォルトの線の太さでエクスポートされます。コンポーネントは、エクスポートされてもミラー関係を保持します。

    CATIA、Parasolid、STL、STEP ファイルでは、どのバージョンまたはプロトコルで保存するかを選択できます。[オプション] をクリックして、ディフォルトのエクスポートオプションを設定することもできます。

    スケッチカーブのみを含むドキュメントを ACIS バイナリ (.sab)、ACIS テキスト (.sat)、Parasolid、CATIA、IGES、STEP、VDA の各フォーマットに保存できます。また、Rhino、PDF、ACIS、IGES、JT Open、Parasolid、STEP、VDA の各フォーマットの独立した点をインポート、エクスポートすることが可能です。

    同一ファイル名のインポートデザインは、DesignSpark Mechanical デザインを保存するときに一意のファイル名が付けられます。たとえば、name.prtname.asm をインポートした場合、name.scdocname2.scdoc として保存されます。

  4. ダイアログからフォルダを選択し、ファイル名を入力します。

  5. [保存] をクリックします。

デザインをイメージとしてエクスポートするには

  1. DesignSpark Mechanical ボタンから [名前を付けて保存] を選択します。

    F12 キーまたは Ctrl キーと Shift キーを押しながら S キーを押して保存することもできます。

    デザインを別のフォーマットにエクスポートするには、DesignSpark Mechanical ドキュメントとして保存しておく必要があります。

  2. [タイプを指定して保存] リストから画像ファイルタイプ (GIF、JPG、PNG、または TIFF) を選択します。

  3. (オプション) [イメージサイズ] をクリックして、画像のサイズを変更します。

  4. ダイアログからフォルダを選択し、ファイル名を入力します。

  5. [保存] をクリックします。

Windows クリップボードに [デザイン] ウィンドウの内容をコピーするには

[デザイン] ウィンドウで右クリックして、[シーンをコピー] を選択し、[デザイン] ウィンドウの内容を Windows クリップボードにコピーします。コピーした画像をドキュメントに貼り付けることができます。

デザインの親ドキュメントを開くには

親を閉じた後でデザインを保存した場合、親ドキュメントを開くには、ストラクチャーツリーのトップレベルコンポーネントを右クリックし、[ルートパーツを開く] を選択します。親を閉じた後でデザインを保存できるという問題は、DesignSpark Mechanical の以前のバージョンで作成されたファイルに存在する可能性があります。

©2013. All Rights Reserved.